恐怖心(不安)との付き合い方!集中の対象を変える対処法は?

Pocket

生きていれば不安なことはあるけど、
不安が強すぎると生きずらさを感じます。

真逆な性格の人と長年生活を共にして、
わかった、恐怖心との付き合い方を
書いていきます。

スポンサーリンク


不安や恐怖心が増幅する時

振り返ってみて、不安や恐怖心が
高まって身動きが取りずらくなった
時はどんな時でしょうか。

恐らく、本当は考えたくないけど
ついつい考えてしまう時だと思うんです。

 

「大丈夫だよね」って何度も確認をして
いると全く気にしていない時よりも、
気になって仕方なくなるんです。

 

そこに意識が集中しているので、当然
の現象だけど真っ只中にいると不安な
気持ちになると思います。

 

かといって、頭の中から消し去ること
はできないので困るというサイクルですが
最初は難しいけど対処法はあります。

 

「何が不安なのか」を分析するやり方も
ありますが、私は「目的」に戻る方法の
方がうまくいきます。

 

例えば仕事で、面倒くさい作業があって
苦手なことだったら不安を自分から
作り出してしまうことがあります。

 

無意識では「どーにか避けたい」状況
なのかもしれません(笑)

スポンサーリンク


 

そしたら仕事が手につかない理由は
「不安のせい」であって、私は悪くない。
そんな気持ちになるってわかりますか?

 

その状態でミスしても、「不安」な気持ち
さえなければ本当の自分はもっと出来るはずだ。

 

と、自分が傷つかずに済みます。

不安を悪者にしてるくせに、実は不安を
利用している側面も私にはあります。

 

なので、面倒な仕事に取り組む「目的」に
自分の軸を戻すという作業がなんども必要に
なります。

 

ちなみに今日、単調で面白くないと感じてしまう
作業があり合計約6時間、向き合いました。

 

意識がそれてしまった回数は7回以上あります。。

 

どーでも良いようなことが気になって、大変な
ことが起きるようなストーリーが頭の中の劇場
で騒がれます。

 

その度に、今集中することはそっちじゃなくて
こっち。と戻していました。


不安に囚われるということは、不安に集中
している=集中力が高い!!

 

という根拠のない変換をして、集中する対象を
切り替えているので私にとってはピッタリな
方法です。

 

何度も「ずれたら戻す」を繰り返しながら、
習慣化を目指しますm(_ _)m

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ