悩み癖を克服したい!原因や改善する方法は何?

Pocket

物心ついた頃から心配性で、悩むのが趣味
なのではないかと自分で思うこともあります。

 

そのことに気がついてからは、自分から悩みを
創り出しているという実感まで出てきて、さらに
ショックでした。

スポンサーリンク


悩み癖を克服するのに役に立つ考え方は?

未来を変えるのは、今の自分を変えるため!
(目標を持つのは今の自分を変えるため)

 

という言葉が最近のお気に入りなのですが、
「悩み」という表面的な症状に惑わされそうな
時に自分に戻るために役に立っています。

 

経験でもあると思いますが、「悩みを創り出す」
時って共通している何かがありませんか?

 

悩み出す少し前って同じような感情になっている
のではないかと思います。

 

私の場合は、

 

・目的を見失っている時
(自分のことを後回しにしすぎたり、やりたく
ないことをやらされている感情になったとき)

 

・自分の人生に退屈している時
(やりたいことがわからず、もやもや・・焦る!)

 

・うまくいった時に、悦に入りすぎて感情の
高ぶりが落ち着いた時
(自分って凄い!という感情に一時的になると
感情のギャップで不安になる )

 

こんな時です。

 

他にも単純に疲れて逃げ出したい時
なんかもそうですね。

 

「考えてはいけない」と思えば思うほど
頭から離れなくなる心理的な作用でドツボに
はまりそうな経験があるのではないでしょうか。

 

そして大前提として悩むこと自体は、
悪いことではないんですよ。

 

心は見えないからわかりにくいけど、例えば
持病がある人は病気との付き合い方を学んで
気をつけていますよね。

スポンサーリンク


 

同じようなことがいえるのではないかと思います。

 

自分の特徴の1つで、うまく付き合って行くこと
できたら「慎重さ」はプラスの面が大きくなるのでは
ないでしょうか。

改善するためには嫌でも行動!

目的から逆算して、悩んでも強くても行動!
目的にあった行動を取り続け、疲れたら休む。

 
悩みにスポットライトを当てるより、その悩みがなかったら
どうしたいか、どんな気持ちになっているかを考えて
行動に移行していくといいらしいので絶賛実践中です!
 

自分のペースで、誰かに強制されることもないんですよ。

 

急かされていると思うことがあったとしても、
気のせいではないかもしれないけど、
それでも自分が周りを巻き込む位の気持ちで
1回だけでも体験してみるといいのかもしれないです。

 

周りに巻き込まれない選択を取り続けるためには
心が強くある必要があるけど、人間は慣れる
生き物だから、そのうち慣れてくる。

 

不本意なことを受け入れる勇気があるなら、自分の
人生を生きる勇気も気づいていないだけで、きっと
自分の中にあると思うんです。

 

自分が変わらなくても周りの人たちは、変わり続ける。

 

物理的には変わっていなくても、今が1番若い自分
なのだから、今すぐ劇的な変化は起きなくてもいつか
大きな変化へと変わってくる。

そしてその時、変わっている環境と自分に何を
思うでしょうか。。

悩み事を作り続ける未来に待つ結末をに責任をもつ
覚悟が私にはないので、少しずつ、少しずつ
「なりたい自分」へ進化したいです!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ